Score 4




フレア 「この怪獣はいったい・・・・・ドラゴン?・・・・・・」

オニキス 「なんでチョコクッキーにならないの?でもちょっと可愛いかも〜」

フレア 「そう??なんかナヌケな顔してるよー(笑)」

マユ 「これは・・・・・変化魔法は変化魔法でも上級魔法のトランスパルムよ!しかもドラゴンタイプは禁術とされているのよ!普通は粘土や鉄の物質から変化させる魔法だけど、チョコレートからの変化なんて・・・・」

フレア 「なんでそんな禁術をオニキスが使えるの!?」

オニキス 「チョコから変身したドラゴンだから名前はチョコドラに決定〜・・・・・・・・」



バタン・・・・・



急にオニキスは倒れた。


フレア 「オニキス!どうしたの!?大丈夫!?」

オニキスは魔法力も無くなり、体力も限界でその場に倒れてしまった。



チョコドラ 「グオオオオォーーーン」

大人しかったチョコドラが急に吠え出した!

マユ 「!?」

そして急に爪で襲ってきたのだ!!



バゴッ!!!

なんとかかわすマユ!!





チョコドラの爪は教室の壁を直撃!!壁にポッカリ穴が開いた!!


マユ 「何故急に襲ってきたの!?」

フレア 「マヌケな顔してあの破壊力は!?あんなの当たったら死んぢゃうよーーー!!」

マユ 「フレア!!早くオニキスを起こして!!」

フレア 「え!どうして!?」

チョコドラ 「グオオォーーン」

また爪で襲ってきた!!

紙一重でかわすマユ!!


マユ 「術者じゃないとドラゴンを止めることはできないわ!!早くして!!」

チョコドラ 「グオオォーーン」

今度はフレアの方に尻尾で攻撃してきた!!

フレア 「うわぁぁぁ!!!」

何とか逃げてかわす!!

続けて爪を振り下ろしてきた!!

うまく横にかわす!!


フレア 「危なかった(冷汗)こんなんぢゃオニキスを起こす暇なんかないよー!!」

チョコドラが激しく攻撃してくるせいで二人はかわすので精一杯だ。

チョコドラ 「グオオオォーーーーン」

今度は頭突きで突進してきた!!!


マユ 「フレアー!危ないー!!」

フレア 「うわぁぁーー!!」

マユ 「セクションバリア!!」




【セクションバリア】物理防御力を上げる魔法。




ドゴン!!


フレア 「うわぁー!!」


バリアがかけられているにもかかわらず吹き飛ばされたフレア。


フレア 「このぉ!!チョコのくせに生意気だよ!!!」

フレアはチョコドラに杖を向ける!!

フレア 「シャインバーニング!!!」




シャインバーニング】炎を出して攻撃する魔法。


魔法が直撃!!炎がチョコドラを包む!!


マユ 「フレア、いつの間にそんな魔法を覚えたの!?」

フレア 「火の魔法だけは小さい頃から得意だったの!!」

チョコドラ 「グオォーン!!」

フレア 「チョコなら溶けちゃえー!・・・・・・って、あれ・・・・効いてない・・・・・!?」

チョコドラは全く平気な顔をしている。

そして口からフレアの魔法の倍はする炎をはき出したのだ!!!



ボボボーーーーーーッ!!!!!


マユ (これはかわし切れない!!?)

  
  「セシルブリザード!!!」


【セシルブリザード】吹雪で攻撃する魔法


チョコドラの炎にぶつけて相殺をねらった。


激しく炎と氷が激しくぶつかり合う!!!!





マユ 「フレアー!!今のうちにオニキスを連れて逃げるのよ!!」

フレア 「でもっ、でもっ!!マユ先輩は!?」

マユ 「早く行きなさい!!このままじゃ三人ともやられちゃうわ!!!」

フレア 「・・・・・・・・・・」

マユ 「私は大丈夫だから!!そしてオニキスを起こして!!」

フレア 「・・・・・・うん、わかった!!」

フレアはオニキスを抱えて逃げるフレア。これ以上マユに迷惑はかけたくなかったのだ。

フレア 「オニキス!!早く目を覚ましてよーー!!!」

逃げながらオニキスにそう叫ぶ!!


マユ (よし!二人とも逃げたわね。)

チョコドラ 「グオオオォォーーーン」

更に激しく炎を吐き出す!!

マユ (くっ、押し負ける・・・)



ドゴゴォーーーーーーーーン!!!!



間一発炎が包み込む前にかわすマユ。




マユ 「危なかったわ・・・」





その頃フレア達は・・・・

フレア 「今の爆発音は!?マユ先輩・・・・・・・オニキス!!早く目を覚まして!!!元はといえばあなたがあんなドラゴン出すからいけないんでしょ!!!」

バチンッ!

フレアはオニキスにビンタをした。


オニキス 「ん?え?」

バチバチン!!

更にビンタをした・・・・


オニキス 「痛い!!何するの〜!!」

どうやらやっと目を覚ましたようだ・・・・・二回目のビンタは必要ない気がしたが・・・・


フレア 「オニキス!早く、あのドラゴンを止めるのよ!!」

オニキス 「え?どういうこと!?」

フレア 「とにかくマユ先輩の所に戻るわよ!!」

オニキスの手を引っ張って走り出すフレア!!

家庭科室に入る二人。

フレア 「マユ先輩!!オニキスが目を覚ましたよ!!」







マユ 「本当!!オニキス!!ドラゴンに大人しくなるように命令して!!」

オニキス 「はい〜え〜〜と(汗)・・・・・チョコドラやめなさ〜〜〜い!!」


チョコドラ 「グオオオォーーン!」

フレア 「!?」


チョコドラ 「グォォン・・・」

マユ 「・・・・・・・」


チョコドラ 「グォン・・・・」

フレア 「・・・・・・・・・・大人しくなった!?]

マユ 「・・・・・・もう大丈夫の様ね・・・」

チョコドラは今まで暴れてたのが嘘の様に大人しくなった。





フレア 「はぁ〜本当良かったぁ;」

マユ 「いや・・・・良くないかもよ・・・・この教室見てごらん・・・・」

教室は壁が壊れて、燃えて真っ黒焦げになっている。



フレア「・・・・・・・・・・・」

オニキス 「なんでこんなことになってるの〜!?」

フレア 「あんたのせいでしょーー(怒)」

マユ 「・・・・・・・」




つづく・・・・






  



inserted by FC2 system